日本人には想像しにくいフランス語のcarnage

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

先日のAmélie達の失敗から学ぶフランス語の続きです。

こちらの会話の最後の一行が残っていましたね。
Amélie :C’est pas beau, hein ? (きれいじゃないよね?)
Shiorine  :Moi non plus. (私も)
Amélie :Regarde. (見て)
Mariette :C’est un carnage. (これはひどい)

“C’est un carnage.”
carnageの意味は調べてみましたか?

実は私も、この時carnageと言う単語を知りませんでした。
なので、その場の乗りで笑っていますが、後から辞書を引くと「殺戮、虐殺」なんてとても怖い意味になっています。
と言うことは、直訳すると「虐殺状態」とかになるでしょうか?

でも日本人の私たちにとっては、形の崩れたどら焼きから虐殺シーンをイメージするなんて、ちょっと不思議な感覚ですよね?

フランス人はどうしてこんな表現を使うのか気になった私。
日本語の得意なフランス人の友達に、carnageを日本語に置き換えると、どんな言葉になるか尋ねてみました。

すると返ってきたのは、やはり「激しい殺人でございます」、「どこでも血が散っている」、「内臓」次々と怖い言葉がLINE画面に表示されます。。。
へぇ、やっぱりそういう意味なんだと思っていたら、最後に「肉屋のように」と付け加えてくれたんです。

あ、肉屋!
それでなるほど!と納得しました。

フランスの肉屋さんに、動物の個体の塊のままの肉がぶら下げられているのを見られたことはありますか?
うさぎ、鳩、鶏などの比較的小さな肉はもちろん、豚や牛の大きな肉もあったりします。
私も昔、フランスの肉屋に、牛の肉の塊が、大量にぶら下がっている写真を撮って友人に見せたことがありました。
その時友人に、やめて、グロテスクすぎる・・・と言われたことを思い出しました。

つまり、人間の虐殺シーンを想像すると言うよりは、肉が並んでいるところを想像して、Marietteの口から“C’est un carnage.”と言う言葉が出てきたんだと思います。
他のみんなは、まあるいきれいなどら焼きが焼けているのに、彼女達のはこれだけ形も崩れてしまっているので、お菓子というよりはもはや焦げかけた肉・・・

確かに、この時彼女達が見せてくれたどら焼きが、何となくお肉に見えて来ました。

最後に、日本語訳は「まるで肉!」とするわけにもいかないので、意訳して「これはひどい」にしています。

彼女達の失敗のおかげで、辞書には載っていない、フランス語のニュアンスを学ぶことが出来ました。
フランス人との交流を通しての、生のフランス語の勉強って楽しい。

今日はグロテスクな言葉が沢山出て来たので、お口直しに?トップ画面にはMignonさんの美しいどら焼きを載せておきますね!

A bientôt
Shiorine

ティサージュでは現在グループレッスンはお休みしていますが、オンラインレッスン、ティサージュルームでの個人レッスンも通常通り行っています。
オンラインはなんだか苦手と言う方も、お気軽にお問い合わせください。

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


Amélie達の失敗から学ぶフランス語

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

Amélie達にとって初めてのどら焼き作り。
本人達はフライパンのせいにしていましたが、生地が緩かったのか?色々とアドバイスをしてもなかなかきれいに焼きあがらなくて・・・
まあ、そのおかげで多いに笑いをとってくれました。

これもその一場面。

せっかくなので、このシーンをフランス語のお勉強に役立てましょう!

Amélie :C’est pas beau, hein ? (きれいじゃないよね?)
Shiorine  :Moi non plus. (私も)
Amélie :Regarde. (見て)
Mariette :C’est un carnage. (これはひどい)

C’est pas beau, hein ?
Beauは美しいですね、それを否定して(フランス人は否定形を使うのが大好きです)「美しくない」になります。
正しくはCe n’est pas beau. と言いますが、話し言葉では否定のneを省いて言うことが多いです。
Hein? は相手に対する問いかけに使います。
Hは発音しないので、あえてカタカナで書くと、「アン」となります。

Moi non plus.
実はこの時点では、火加減が弱すぎたのか私も失敗作ばかりでした。
それでAmélieの否定の問いかけに対して、私もそうではないと答えています。
初心者の皆さーん、moiの発音は「モイ」ではなく、また「モワ」よりも「ムワ」、ムは上下の唇を合わせてmの音だけを出す感じです。
Chatonが moi ,toi(私、君)をモイトイと言っていた頃が懐かしいです(笑)

Regarde
見ると言う動詞の命令形です。
不定形はregarder、この場合Amélieが私に向かって言っているのでregarde、もし複数の人に向けて言うときはregardezになります。

C’est un carnage.
これに関しては長くなりそうなので、次回のブログに書くことにしますね。
それまでに、ぜひ一度辞書を引いてみてください。
ちょっとびっくりすると思います!

A bientôt
Shiorine

ティサージュでは現在グループレッスンはお休みしていますが、オンラインレッスン、ティサージュルームでの個人レッスンも通常通り行っています。
オンラインはなんだか苦手と言う方も、お気軽にお問い合わせください。

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


アメリ先生とマリエット先生の発音矯正コーナー

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

自分たちの母国語にとても誇りを持っているフランス人、特に発音に厳しい人がとても多いんです。

フランス人と交流したことがある人なら、きっと一度や二度は経験したことがあるかと思いますが、正しい発音が出来ていないと、とことん直してくれるフランス人の本当に多いこと!

私の主人もその経験者。
以前Amélieが日本に遊びに来たときに、日本人が苦手な“quatre”や“neuf”の発音を、Amélieからかなり厳しく!?指導を受けました。

そのおかげで、主人は今とても上手に“quatre”と“neuf”の発音が出来ています。
ただ、フランス人の発音に対するこだわりが相当印象的だったのか、未だに「あの時のAmélieは厳しかった」とトラウマにはなっているようです(笑)

さて、今回のどら焼き作りでも、Chatonの発音にうまく食いついて来てくれましたよー!

事件はChatonの弟君が現れた時に起きました。
Chatonが“C’est mon frère.”(これは私の弟です)と紹介すると、姉妹揃って“frère!!!”。

Chatonの発音がfrère(弟)ではなくて、père(お父さん)に聞こえるらしく、fの音をもっとはっきり出すようにと何度も教えてくれました。

そうなんです、Chatonは私もどうしてここまで上手になったのか不思議なくらい、フランス語の発音にはあまり問題はないのですが、この子音とRの組み合わせが苦手なんです。

口の前方、前歯と唇を使ってFという摩擦音を出したら、今度はすぐに、口の一番奥、喉の近くでRを発音しなくてはいけないのですから、それはもう大忙し、日本語の発音にはない、2つの慣れない音を素早く出すなんて、難しいに決まっています。

そこをめざとく見つけてくれたAmélie達に感謝!
彼女達の特訓の成果があって、Chatonもだいぶコツが掴めたようでした。
教えてもらったことがちゃんと身についているか、次回のレッスンの時にテストしてみなくちゃいけませんね。

どら焼き作りの楽しいひとこまはまだまだ続きます。

ティサージュでは現在グループレッスンはお休みしていますが、オンラインレッスン、ティサージュルームでの個人レッスンも通常通り行っています。
オンラインはなんだか苦手と言う方も、お気軽にお問い合わせください。

A bientôt
Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


フランスとオンラインで繋がってお菓子作りを行いました

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

先週の土曜日はじ「クラブパティスリー ~アメリとどら焼き作り~」を行いました。

Amélieのお姉ちゃんMarietteが撮った材料写真。
フランス人の撮った写真は、どこか雰囲気が違いますね。

今回の参加者はフランスからAmélieとMariette、そして日本から生徒さん3名、私を入れて6名でどら焼き作りをしました。

それぞれ自己紹介をした後で、早速Chatonにバトンタッチ、レシピの説明を行ってもらいました。

緊張するーと言っていたChaton、お得意の”bicarbonate de soude”「重曹」、カタカナで書くとビキャルボナットゥドゥスードゥ、これは私でも発音しにくい、とても難しい単語なのですが、この発音も上手だと褒められて、とても嬉しそう。
材料、道具の説明をすべてクリアしました。

次はいよいよ作り方。
Amélie達には予め、もしChatonの言うことが分からなかったら、遠慮なく”Je ne comprends pas.「私は分かりません」と言ってねと伝えておきましたが、さあどうだったのか。

ぜひこの動画を見てあげてください。

すぐにD’accord !「了解」と言う返事が返って来て、本当に嬉しそうなChaton、そしてお隣のお母さんのMarronも、温かい笑顔でChatonの頑張りを称えています。

フランス留学のためにフランス語を学び始めたChaton、その夢がコロナで消えてしまったのに、ここまでくじけずに頑張って来たことが思い出されて、動画を見直して、思わず涙してしまった私です。

結果作り方の説明は一度だけ数字を聞き取ってもらえなかっただけで、あとは全てクリアしましたよ。

Bravoooooo Chaton !!!!!
本当によく頑張りました。

それにしても、フランスチームに色々なハプニングがあって!?今回も良く笑いました。

その様子はまた次回のブログでお話しします。

ティサージュでは現在グループレッスンはお休みしていますが、オンラインレッスン、ティサージュルームでの個人レッスンも通常通り行っています。
オンラインはなんだか苦手と言う方も、お気軽にお問い合わせください。

A bientôt
Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


ブルゴーニュ産のエスカルゴは希少価値

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

3月のNHK「旅するためのフランス語」のテキストが届きました。
早いもので、今回のシリーズもついに最後の月になるんですね。

昨年はコロナ禍で、秋から新しく始まる「旅するフランス語」の撮影は一体どうなるんだろうと?、勝手に心配していましたが、「旅するためのフランス語」にうまくシフトされて、これはこれで楽しい番組でした。
温子さんはフランスに行きたかったでしょうけど・・・

さて、このNHKのテキスト、本屋さんに行くと結構売れ行きが良い様子。
独学でフランス語を学ばれている方もかなり多いんでしょうね。
皆さん偉い!

ところで、このテキストの最初から最後まで、ちゃんと全て読まれていますか?

前にもブログに書いたことがあるかもしれませんが、実はこのテキストは読み物としてもかなり充実しているんですよ。
発音ブラザーズさんのページが一番のお気に入りなのですが、フランス食探訪も毎回楽しみにしています。

今月はブルゴーニュのエスカルゴが紹介されていました。
ブルゴーニュのエスカルゴが有名なのはもちろん知っていましたが、フランスで消費されるエスカルゴは、今ではほとんどが中央ヨーロッパ産のものに頼っていて、ブルゴーニュのエスカルゴは希少価値なんだそうです。

と言うことは・・・
こちらは、アメリが4年前にフランスからお土産に持って来てくれたエスカルゴ、

ブルゴーニュ産です!希少価値の物だったんですね!

確かに、いつも日本で買う東南アジア産のエスカルゴとは味わいが全然違っていました。
今更ながらMerci Amélie !

そんなアメリと一緒に明日はどら焼きを作ります。
楽しみです。

ティサージュでは現在グループレッスンはお休みしていますが、オンラインレッスン、ティサージュルームでの個人レッスンも通常通り行っています。
オンラインはなんだか苦手と言う方も、お気軽にお問い合わせください。

Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


ティサージュのレッスン風景ご紹介 その1

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

昨日はティサージュルームでの個人レッスンの日でした。

ティサージュに通って来られて、もうすぐ2年近くになるAさん。
フランス語を始めた動機は、私の友人ということもあったし、ワインも少したしなむし、なんだか楽しそうだからと言う感じで、フランス語にそこまで思い入れがあるわけではありませんでした。

月に1回か2回のレッスンですが、彼女が偉いのは必ず毎月通って来てくださっていることです。

Aさんは、フランス語を始めたばかりの方にありがちの、発音の仕方がわからないために、とにかくカタカナでフリガナをつけることに集中してしまうことが長く続きました。
ところが、最近ではようやく読み方にも少しずつ慣れてこられたようですし、Rの発音も上手に出来るようになりました!
語彙力も少しずつ増えてきて、本人も嬉しそう。

私は楽しみながら教えているだけなのに、「いつも根気強く教えてくれてありがとう」なんて言われてしまって、こちらこそティサージュに根気強く通って来てくれてMerci!です。

今はNHKの「旅するためのフランス語」のChloéさんに習って、大げさなくらいのジェスチャーを交えて、笑いながら会話の練習をしています。

決してフランスが大好きなわけでなくても、フランス語がめちゃくちゃやりたいわけでなくても、フランス語を学ぶ居心地の良さを感じてくだされば幸いです。

さて、おやつには先日26vingtsixさんで購入した、スタッフさん一押しのゴルゴンゾーラと胡桃のクッキー。
想像していたよりザクっとした食感でとても美味しかったですよ。

ティサージュでは現在グループレッスンはお休みしていますが、オンラインレッスン、ティサージュルームでの個人レッスンも通常通り行っています。
オンラインはなんだか苦手と言う方も、お気軽にお問い合わせください。

2月20日(土)のクラブパティスリーの参加者も募集しています。
開始時間が18時からに変更になっています。
フランス語は出来なくても全然大丈夫、フランスとの交流を楽しんでみませんか?

「Club Pâtisserie クラブパティスリー 〜アメリとどら焼き作り〜」
日時:2月20日(土)18時から1時間30分程度(フランスとの時差の関係で夕方の開催になります)
場所:Zoomでのオンライン形式
参加費:3,500円
お支払い方法:PayPayでの送金または銀行振込
その他:材料は各自ご準備ください、見学だけの参加も可能です(参加費は頂戴します)
お申し込み:このブログのお問い合わせページからお申し込みください。

A bientôt !
Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


時間変更のお知らせ「Club Pâtisserie クラブパティスリー 〜アメリとどら焼き作り〜」

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

2月20日(土)「Club Pâtisserie クラブパティスリー 〜アメリとどら焼き作り〜」の時間変更のお知らせです。

17時からのスタートにしていましたが、18時に変更します。
あと1名ご参加いただけますので、興味のある方はご連絡ください!
参加者には材料、道具のリストとレシピをお送りします。

どら焼きの具?はアメリの自宅近くにはアジア系の食材店がなくて、あんこを買えなかったらしく、チョコガナッシュを作って挟むことにします。

アメリとのZoomの接続テストも完了。
久しぶりにアメリと2人でゆっくり話をしたのですが、土曜日のことをとても楽しみにしてくれています。
アメリも、オンラインで私の生徒さんたちと話をするのは初めて。
” Je suis timide. “「私は恥ずかしがり屋」だから緊張するなんて可愛いことを言っていました。
でも、それは生徒さんたちもきっと同じです!

ただ、一緒に参加するはずだったお母さんが、急に仕事が入ってしまって、参加できなくなったらしく、かなり残念がっているとのこと。
私もとても残念です。
料理がとっても得意なお母さんなので、今度はお母さんにフランス料理かお菓子を教えてもらいたいと話をしました!

あとはアメリの朝が苦手なアメリのお姉ちゃんマリエットが、時間通りに起きて来られるかです(笑)。
ちなみに、彼女の名誉のために、時間変更をしたのはマリエットが朝寝坊だからではありませんので!

今までティサージュでは、友人のティモンやマティアスと一緒に色々なオンラインイベントを行って来ました。

最近では、ティモンにだご汁の作り方を教えたり。

マティアスにモンマルトル散歩に連れて行ってもらったり。

今回新しくアメリ一家が加わって、ますます内容を充実させることが出来そうです。

フランスに行きたい!という目的が、フランス語を学ぶモチベーションになっていた方がとても多いと思います。
その目的がなかなか叶いそうになく、残念ながらフランス語から遠ざかってしまっている方もいらっしゃるはず・・・

せっかく歩み始めたフランス語の道、このまま立ち止まってしまわずに、ティサージュと一緒に、その歩み先を探してみませんか?

「Club Pâtisserie クラブパティスリー 〜アメリとどら焼き作り〜」
日時:2月20日(土)18時から1時間30分程度(フランスとの時差の関係で夕方の開催になります)
場所:Zoomでのオンライン形式
参加費:3,500円
お支払い方法:PayPayでの送金または銀行振込
その他:材料は各自ご準備ください、見学だけの参加も可能です(参加費は頂戴します)
お申し込み:このブログのお問い合わせページからお申し込みください。

ティサージュでは現在グループレッスンはお休みしていますが、オンラインレッスン、ティサージュルームでの個人レッスンも通常通り行っています。
オンラインはなんだか苦手と言う方も、お気軽にお問い合わせください。

A bientôt !
Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


福岡のフランス探し 飯倉の「26 Vingtsix」さんへ

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

今日は久しぶりの外出。
自宅からほど遠くない、早良区飯倉の焼き菓子と喫茶のお店「26 Vingtsix」さんへお茶をしに行ってきました。

実はここ生徒さんが働いているお店なのですが、インスタでいつも美味しそうなお菓子やケーキを見ていたので、ずっと行きたくてしょうがなかったんです。
やっと念願が叶いました!

ここでまず店名の「26 Vingtsix」について。
フランス語を学ばれている方ならすぐに分かりますよね?
はい、すでに数字が書いてあるように、vingtsix(正しい綴りはvingt-sixですが細かいことは気にしないでおきましょう!)とはフランス語で数字の26のことです。
なんでもオーナーさんのお好きな数字だそうですよ。

お店の話に戻って、住宅街の中にあって、目の前は小さな公園というのどかな立地。
以前別のお店があった時も、何度か足を運んだことがありましたが、自然に囲まれていてほっと出来る場所なんです。

お店の中のインテリアも、間接照明が灯されてとても落ち着くし、家具も食器もアンティーク調で、店名がフランス語なだけに!かなりフランスっぽい雰囲気を醸し出しているお店です。

テーブルの上に置かれたヒヤシンスも花盛り。

今日はイチゴのロールケーキとロイヤルミルクティーをいただきました。

見た目も美しく、甘さ控えめで美味しーい。
ロイヤルミルクティーには生クリームが乗っていてふんわりかわいい。

こういうタイプのロイヤルミルクティーって珍しいですよね?

久しぶりに自宅以外の場所で、ゆったりとした時間を過ごすことが出来て幸せでした。

テラス席もあるので、暖かくなったら外でまったりするのも良いですね。
フランスに行けない今、フランスっぽい気分を味あわせてくれるお店です。

いつかここでフランス語のレッスンをしてみたいなぁ。

「Club Pâtisserie クラブパティスリー 〜アメリとどら焼き作り〜」
日時:2月20日(土)17時から1時間30分程度(フランスとの時差の関係で夕方の開催になります)
場所:Zoomでのオンライン形式
参加費:3,500円
お支払い方法:PayPayでの送金または銀行振込
その他:材料は各自ご準備ください、見学だけの参加も可能です(参加費は頂戴します)
お申し込み:このブログのお問い合わせページからお申し込みください。

ティサージュでは現在グループレッスンはお休みしていますが、オンラインレッスン、ティサージュルームでの個人レッスンも通常通り行っています。
オンラインはなんだか苦手と言う方も、お気軽にお問い合わせください。

A bientôt !
Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


アメリからのメッセージを使ってZoom用語のフランス語

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

今週の土曜日はフランスに住むアメリ一家とオンラインで繋がって、どら焼きの作り方を教えます。

日本人の生徒さん達にさえ、Zoomを問題なく使えるようになるまでバックアップするのが大変だったのに、フランス人のアメリに、アプリのインストールから仕組みまで説明するのは結構大変です。

でも、アメリがこんな画面が出て来たよーと送ってくる写真は、フランス語の勉強になるんですよね。

当たり前かもしれませんが、言葉が違うだけで日本で使うZoom画面と全く同じです。

せっかくなので、Zoomのフランス語を覚えちゃいましょう!
男性名詞か女性名詞かを覚えるために、名詞は全て単数形にしておきます。

○ホーム l’accueil
「もてなし、受け入れ」などの意味があります。母音で始まっていますが男性形です。

○新規ミーティング  la nouvelle réunion
nouvelleは良く使う単語ですね、nouveauと言う形容詞の女性形、「新しい」と言う意味です。réunion「集会、会議」が女性形なのでnouvelleになっています。

○参加 rejoindre
こちらは動詞で「合流する」です。

○スケジュール le programme
「プログラム、番組、計画、予定」など

○画面の共有 partager l’écran
partagerは動詞、écranは「画面」男性形です。

○ミーティング la réunion
2つ目に出てきた「集会、会議」

○連絡先 le contact
「接触、連絡、知り合い」

○設定 le paramètre
これだけは辞書を見ても「(数学)助変数、(問題理解に必要な)要素、(統計)母数」と書いてあって、日本語でパラメーターを調べても良く意味が分からないので、そのまま「設定」で覚えてくだださい!

ちなみにZoomは固有名詞なので男性女性は関係ありません。
On va parler sur Zoom ?
ズームでおしゃべりする?

日本語だと「ズームをする」と言うので、faire Zoomと訳しがちですが、この直訳は正しくないそうです。
前置詞はsurを使って、冠詞無し、Zoomの最初の文字は大文字にしてくださいね!

アプリの設定等は終わったので、あとはアメリと実際にオンラインで繋がるかどうかのテストのみ。

Chatonちゃんも緊張するーと言いながら楽しみにしているので、土曜日が待ち遠しいです。
まだご参加可能ですので、興味のある方はご連絡ください。

「Club Pâtisserie クラブパティスリー 〜アメリとどら焼き作り〜」
日時:2月20日(土)17時から1時間30分程度(フランスとの時差の関係で夕方の開催になります)
場所:Zoomでのオンライン形式
参加費:3,500円
お支払い方法:PayPayでの送金または銀行振込
その他:材料は各自ご準備ください、見学だけの参加も可能です(参加費は頂戴します)
お申し込み:このブログのお問い合わせページからお申し込みください。

ティサージュでは現在グループレッスンはお休みしていますが、オンラインレッスン、ティサージュルームでの個人レッスンも通常通り行っています。
オンラインはなんだか苦手と言う方も、お気軽にお問い合わせください。

A bientôt !
Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


フランス人に日本語を教えるのは難しい!

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

日本語の勉強をしているフランス人の友人からは、たまに面白い写真が送られて来ます。

オタクな彼は私に全く未知の世界を教えてくれるのですが、もちろん単に写真を送って来ているのではありません。
彼は至って真面目に日本語の勉強に取り組んでいるのです。

この漫画の「ワケじゃないよね?」、ゲームの「わけじゃな」の「わけ」が曲者らしいです。
「訳」という漢字は「理由」という意味で習ったけど、この場合意味が当てはまらない・・・といつも悩むらしいですよ。

私たち日本人はいつも何気に使っていますが、この微妙なニュアンスはフランス人にとってはなかなか伝わりにくいですよね。
フランス語だったらきっと、” Tu ne m’aime plus ?” 「私をもう愛してないの?」とダイレクトに聞くことが多いのかな。

毎回辞書などを参考にしながら、彼の質問に一生懸命答えています。

そして私はと言うと、今までそれこそ何気に使っていたフランス語の冠詞と向き合う決心をしました。

フランス人の彼曰く、フランス語の冠詞は日本語の助詞「てにをは」の使い分けと似ているらしいですよ。
んー、そう考えると冠詞を理解するのって一筋縄ではいかないよなと改めて感じてしまいます。

この本、随分と古い本ですが、冠詞についてものすごく詳しく書いてあります。
少しずつ覚えていこう。

ティサージュでは現在グループレッスンはお休みしていますが、オンラインレッスン、ティサージュルームでの個人レッスンも通常通り行っています。
オンラインはなんだか苦手と言う方も、お気軽にお問い合わせください。

2月20日(土)のクラブパティスリーの参加者も募集しています。
フランス語は出来なくても全然大丈夫、フランスとの交流を楽しんでみませんか?

「Club Pâtisserie クラブパティスリー 〜アメリとどら焼き作り〜」
日時:2月20日(土)17時から1時間30分程度(フランスとの時差の関係で夕方の開催になります)
場所:Zoomでのオンライン形式
参加費:3,500円
お支払い方法:PayPayでの送金または銀行振込
その他:材料は各自ご準備ください、見学だけの参加も可能です(参加費は頂戴します)
お申し込み:このブログのお問い合わせページからお申し込みください。

A bientôt !
Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中