Galette des roisが上手に出来ました

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

部屋の中にとっても甘い香りが漂って来ました。

どれどれ、ガレット上手く焼けたかなー?

Youpi ! (ユッピー)「やったー!」(子ども達が喜んだ時に良く使う言葉です)
初めてにしては大大成功!
模様もしっかりと出ています。

カットしてみても、パイ生地もサクッとしていて我ながら良い出来です。

“Bonne appétit !”(ボナペティ)「どうぞ召し上がれ!」

いやいや、ちょっと待ってー!
”galette des rois”(ギャレットゥ デ ろワ)「ガレット・デ・ロワ」のお楽しみは今からなのです。

A demain !
Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


Galette des roisの模様も無事に完成

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

出来上がったをパイ生地に”crème d’amande”(クれーム ダマンドゥ)「アーモンドクリーム」を乗せて、上からパイ生地をもう一枚被せるのは私の役目。
うん、良い感じです。

そして次は艶出し用の卵を刷毛で塗って行きます。

しばらく冷蔵庫で寝かせて。

いよいよクライマックスの模様描きです。

まずは私がやってみると、そんなに難しくなさそう?

子ども達がやりたがっているので、あとは全てお任せ。
みんなで順番に模様を付けていきました。

何の問題もなく綺麗な模様が描けました!

さあ、後はオーブンで焼くだけです。

A demain !
Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


Galette des rois作りスタート

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

さあ、子ども達と一緒に”galette des rois”(ギャレットゥ デ ろワ)「ガレット・デ・ロワ」を作って行きますよ。

まずは中に入れる”crème d’amande”(クれーム ダマンドゥ)「アーモンドクリーム」を作ります。

“beurre”(ブーる)「バター」、”sucre”(スュクる)「砂糖」、”œuf”(ウフ)「卵」、”poudre d’amande”(プードゥる ダマンドゥ)「アーモンドパウダー」を順番に混ぜて行きます。

と、ここで誤算が。

“beurre”を常温にしていたつもりが、まだまだ固いではないですか・・・

自称一番力持ちのY(イグれック)ちゃんに混ぜるのをお任せしましたが、なかなか上手く混ざりません。
※フランス語でYはイグれックと発音します。英語からはちょっと想像がつきませんよね。
(ん?既に王冠を被っているのは誰やねん!?)

ここで出番が来たのが、今年は私もフランス語を覚えようかしらと、レッスンに参加していた、”quiche”(キッシュ)作り名人の私の母です。

母のおかげで何とかフィリングが完成しました。

それにしても、絞り袋にクリームを上手に入れるのって難しいですね。
みんなで悪戦苦闘、誰か上手な入れ方を教えてくださーい。

次はいよいよ生地にフィリングを乗せて、”galette des rois”の形が出来て来ます。

A demain !
Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


2月のお知らせ

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

2月の「フランス語プチレッスン」のスケジュールをお知らせいたします。

2月6日(水)14:30~ 会話1
2月8日(金)10:30~ 会話1
2月13日(水)14:30~ 会話1
2月15日(金)10:30~ 会話2
2月20日(水)14:30~ 会話2
2月22日(金)10:30~ 会話2

文法のコースのお申し込みは、いつからでも大丈夫です。

フランス語プチレッスンの詳しい内容はこちらをご覧ください→click

来月もよろしくお願いいたします!

A bientôt !
Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


「子どものフランス語~ガレット・デ・ロワを作ろう」を行いました

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

1月19日(土)「子どものフランス語~ガレット・デ・ロワを作ろう」を行いました。

昨年”galette des rois”(ギャレットゥ デ ろワ)「ガレット・デ・ロワ」を作るのはそんなに難しくないわよと言っていた、フランス人の友人Alexia(アレクシア)。

あの模様を見るだけで躊躇していたものの、彼女の言葉を信じて、子ども達と一緒に手作りにチャレンジしてみることにしました。

冷凍パイシートを使ってあるレシピが多い中で、quiche(キッシュ)作りの名人を母に持つ娘としては、パイ生地はやはり手作りへのこだわりがあります!

子ども達が到着する前に、母直伝のフードプロセッサーを使った生地作りで準備万端。

さあ、”galette des rois”は上手く出来上がるかな?

A demain !
Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


Les Ogres de Barback 3-0

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

”Les Ogres de Barback” の曲の中でも、特に私の印象に残ったのは”3-0″と言う曲。

もちろん、コンサート当日は歌詞の意味までは分かりませんでしたが、フランスの大きな都市の名前が順番に出て来て、”Toulouse”(トゥールーズ)や”Marseille”(マルセイユ)の時は訛って歌ったり(そうですフランス語にももちろん訛りや方言があるのです)、そのたびに会場は大盛り上がりでした。

タイトルの意味は、どうやらサッカーのワールドカップで、フランスがブラジルを3対0で破ったことを指しているようです。

歌詞を良く読むと、フランスの有名な都市を、それぞれの時事問題などを交えて、皮肉たっぷりに紹介していく曲で、フランス人の愛国心をピリリと表現しているようです(全て推測・・・)。

日本ではほとんど知られていないようですが、良かったらYouTubeで聴いてみてくださいね。

 

こちらは歌詞に合わせた映像付きなので、より分かりやすいと思います。

A bientôt ! !
Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


古代劇場は”Les Ogres de Barback”で大盛り上がり

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

“Vienne”の古代劇場で野外コンサートの一番の目的はもちろん”Yann Tiersen”(ヤン・ティエるセン)。

そして、もちろんYann Tiersenの音楽はとっても素敵で、心が洗われるようでした。

が、この日はメインのYann Tiersenの他にも、4組のアーティストが出演していて、会場もそして私自身も一番盛り上がったのが、私も全く知らなかった”Les Ogres de Barback” (レ オグる ドゥ バるバック)!

les(レ)は定冠詞の複数形、”ogre”(オグる)は「鬼」と言う意味、barback(バるバック)はちょっとわからないのですが、「barbackの鬼達」となります。

4人の兄弟姉妹のグループで、民族調の明るい音楽を、様々な楽器を使って演奏しながら歌うので、夏の野外の雰囲気にもぴったり。
みんな大声で一緒に歌っていて、それはとても楽しかったです。

一緒に行った友達の同僚達も、”Les Ogres de Barback”がこんなに盛り上がるとは思っていなかったと言っていました。

フランスでCDも買って来ちゃいました。
ジャケットもアーティスティックなんですよね。

次回は彼らの曲の中でも、私が一番気に入った曲をご紹介します。

A bientôt ! !
Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


Vienneの古代劇場から眺める夕やけはexceptionnel

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

コンサート当日、夕方仕事が終わった、友達の職場の同僚の人たちと合流して、いざVienneへ。
車だと1時間ちょっとの道のりで、スタート時間にも間に合いました。

夕方から始まったコンサート、日が暮れてくるとともに、舞台の後方ではVienneの街並みがゆっくりと夕日に染まって行く様子を、生の音楽を聴きながら眺めることが出来ました。
それはもう言葉では表現出来ない位、美しく特別な時間でした!

“C’était vraiment exceptionnel.”
(セテ ヴれマン エクセプスィオネル)
「本当に最高でした」

ああいう経験は、きっと2度と出来ないでしょうね。

コンサートだったので、カメラの持ち込みも出来ず、古代劇場の写真は残念ながら1枚もないのが残念。

冒頭の写真はVienneのパンフレットを、当時映しておいた写真ですが、私もまさにこの景色を堪能することが出来ました。

見ず知らずの日本人を、一緒に連れ行ってくれた友達の同僚たちには、こんな素敵な体験をさせてもらって、本当に感謝しています。

明日はどんなコンサートだったのかのお話しをします。

A demain !
Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


Vienneの古代劇場に行きたい!

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

先週の「旅するフランス語」では思い出深い街が出ていて嬉しくなりました。

その街の名前は”Vienne”(ヴィエンヌ)。
番組でも古代ローマの遺跡が沢山残っている街だと紹介されていましたね。

私がVienneを訪れたのは、12年前”Grenoble”(グるノーブル)に滞在していた時のこと。

あの”Amélie”(アメリ)の映画のサントラで有名な”Yann Tiersen”(ヤン・ティエるセン)の野外コンサートが、Vienneの古代劇場であるのを知って、どうしても行きたくなったのです。

CDを買って、フランスでいつも聞いていたYann Tiersen、彼の音楽が古代ローマ時代に建てられた劇場で聴けるなんて、滅多に出来る経験ではありません。

でも、GrenobleからVienneまでは電車で2時間以上かかるし、コンサートは夜にあるので、帰りが不安・・・

諦めかけていた時に、友達の職場の同僚が、たまたま同じコンサートに行くと言うことで、車で一緒に連れて行ってもらえることになったのです!
人のご縁って本当にありがたいですね。

明日はいよいよ古代劇場へ向かいます。

A demain !
Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中


Petits Sablés écossais

Bonjour à tous, Shiorineシオリーヌです:-)

昨日の「フランス語プチレッスン」のおやつにPetits Sablés écossais(プチ サブレ エコセ)「ショートブレッド」を手作りしてみました。

Petits Sablés écossaisは直訳するとスコットランドの小さなサブレ。
écossaisが「スコットランドの」と言う意味になります。
と言いつつも、フランスでも英語がだいぶ浸透しているので、ショートブレッドと呼ばれることの方が多いとは思います。

ショートブレッドと言えば何と言ってもウォーカー社 (Walkers) の物が有名ですよね。
私も若かりし頃、かなりはまった時期がありました。

過去に何度か手作りをして、失敗ばかりしていたので、今回も上手くできるか不安でしたが、コーンスターチを入れたからか?何とか無事に出来上がりました。

次は何を作ろうかなー。

A bientôt !
Shiorine

「ティサージュのフランス語プチレッスン」のホームページが出来ました。
*福岡のアットホームなフランス語教室 * 「ティサージュのフランス語プチレッスン」*参加者募集中